全日本物流改善事例大会2016                            鳥栖流通センターの久保流通センター長が事例発表を行いました

 5月27日(金)に、東京ファッションタウンビル(東京都江東区)にて、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会・日本ロジスティクス研究会が主催する「全日本物流改善事例大会2016」が実施されました。

 この大会で鳥栖流通センターの久保流通センター長が物流管理部門で、事例発表を行いました。発表内容は「九州から全国の生協物流を効率化する改善」をテーマに、現場での手待ち時間を削減するのではなく、手待ち時間を有効活用するために、簡易な作業で対価が発生する、アソート業務の新規受託を進めることで、改善効果を得るという取り組みの内容を発表しました。

広い会場で多くの方が来場している中、取り組み、事例発表を行った久保流通センター長
広い会場で多くの方が来場している中、取り組み、事例発表を行った久保流通センター長
発表後にクリスタルを授与され、コーディネータの方と一緒に記念撮影
発表後にクリスタルを授与され、コーディネータの方と一緒に記念撮影