障がい者雇用管理基礎講習実施!~in桶川流通センター~

 10月3日(火)・4日(水)の2日間にかけて、桶川流通センターと久喜営業所の班長以上の管理者に向けた「障がい者雇用管理基礎講習」が開催されました。この講習は、雇用管理の基礎に触れていただき、同じ職場で働く障がい者への理解や指導する際の留意点を学んでいただくことを目的として実施されました。

 今回の講習は「知的障がい」についてのお話で、『障害者の雇用促進等に関する法律』に基づいて設置・運営されている「埼玉障害者職業センター」より講師として舩津さんにお越しいただきました。

 受講した方からは、「同じ職場に障がい者の方はいないが、今後に向けて基礎を学ぶことが出来てよかった」「営業所に戻ったらマニュアルを読み返してみようと思った」などの感想や、「社員みんなが、障がいの特性を理解することが大事だと感じた」「本社と現場との想いにギャップがあるように感じる」などの課題も見えてきました。

 これからの取り組みは、さらに社員のみなさんの理解と協力で、一歩一歩進めていくことが大切になってきます。今後、「精神障がい」「発達障がい」などの特性についての講習も予定しています。

障がい特性についての基礎を話していただきました
障がい特性についての基礎を話していただきました
受講者は、真剣に耳を傾けます
受講者は、真剣に耳を傾けます

講師の舩津さん(右)と人事課でジョブコーチを務める當郷さん(左)
講師の舩津さん(右)と人事課でジョブコーチを務める當郷さん(左)