“万が一”を想定して~本社・桶川流通センター消火栓放水訓練~

消防団の制服に身を包んだ社員が訓練講師を務める
消防団の制服に身を包んだ社員が訓練講師を務める

 11月8日(水)、本社・桶川流通センターにて、下期災害訓練として消化栓放水訓練が実施され、午前・午後の部を合わせ、29人の社員が参加しました。

 訓練では、万が一の際に社員がスムーズに対応できるようにすることを目的に、敷地内に備え付けられた消化栓を使用し、参加者一人ひとりが放水の体験をしました。

 地元の消防団長を務める設備Gの社員が講師を務め、経験談を交えながら放水を指導。「人の背丈を超えた火の手は消火栓で鎮火することは難しいので、その時はすぐに逃げてほしい。また、消火栓による放水は、あくまで消防隊が来るまでの応急処置なので、到着後は、消防隊に引き渡して速やかに避難をすることが重要。」と、人命第一の姿勢をとり、訓練を締めくくりました。

放水の目安として停車されたトラックが大きな音を立てるほどの水圧で放水される
放水の目安として停車されたトラックが大きな音を立てるほどの水圧で放水される
女性も1人もしくは補助が付くことで放水が可能
女性も1人もしくは補助が付くことで放水が可能